2011年11月13日日曜日

バイク起こしには筋肉ピクピク

一限目、バイク起こしが主な教習。

教官にあいさつし、さっそくバイクを出してください。
CB750、重い。こんな重いとは思わなかった。
筋肉ぴくぴく。
教習所八の字付近まで移動さされる。
おそらくデスクワークの人はかなりいろいろな筋肉を使います。
私もそうでした。前に押しているけど左右のバランスにも気を付けないとバイクがこけてしまう!
必死です。
20Mくらい移動したところで、はい休憩。と教官。
私は既に息が上がっていました。
休憩
雑談


教官と雑談していると、最近ハーレーは全く売れていなくて困っているらしい。
ハーレーは今でも人気があるのだが、キャブ使用からインジェクション使用に代わってから面白味が無くなったのだとか。
ハーレーに乗りたいと思って教習所に通い始めていきなりそんな事実を言われてもと思ったけど、
実は私も同じことを考えていた。
ハーレーは重くて扱いにくいバイクだからこそ、それを乗りこなせてナンボというあこがれの的であったし、なんといってもあの低音と振動と思う。
乗りたいハーレーは、カスタム使用のビンテージものだが、一度手を染めるとやめられなくなりそうで怖い。
だから新車か、比較的新しいインジェクションの中古を買おうと思っているのです。

休憩終了。

八の字一周。
フウフウ!
ハンドルをうまく使わないと、すぐに倒れそう。
ようやく一周

休憩。雑談。

娯楽が氾濫し、それぞれに拡散していったので、お金のかかる道楽は普通の人はしなくなった。
教官によるとバイク人口が減っているし、入学者も以前と比べて1/3程度になっているとのこと。
非常にさびしい。僕らが20代のころはバイク人口が非常に多くてなんたらかんたら・・
そうですよね!私の友人もバイクはいろいろ・・・

たかが10分程度の休憩の間に、話が尽きなかったです。同じ年代なので仕方ないか(笑)

休憩が終わり、右おこし左おこし
スタンドたて

結局バイクおこしはコツがあるので、男性(私の身長162cm、中肉中背)であれば全く問題ないと思います。

時間が余ったので、スタンドを立ててのギヤチェンジ講習。

2時限目

早速バイクにまたがり、ローから発進の練習。

一発で発進できたので、教官が私もバイクに乗ってくるのであとからついてきてください。
教習バイクには前後にライトがたくさんついている。
ギヤがどこに入っているのか、前ブレーキと後ろブレーキのタイミングもすべていろいろなランプであらわされている。



教習所の外側左回りを一周。
うまくチェンジできているので何週もしてください。
この時限はひたすら外周左回りを回って終わった。

短期間で免許を取りたい方はこちら


にほんブログ村 バイクブログ バイク 運転免許・バイク教習所へ

0 件のコメント:

コメントを投稿