2012年5月27日日曜日

ハーレー 阿波サンライン ソロツーリング

毎週のソロツーリングが、習慣となりそうなぐらい、楽しくて今回も行ってきました。
26日(土)曇り。
本来なら、静岡のハーレー最大のイベント、ブルースカイヘブンへ行きたかったのですが、まだまだ一人で行くには自信がないし、片道500km以上あるので体力的にも1泊2日でないと無理ですね・・。
なので、日帰りツーリングに行ってきました。

場所は、免許を取る前から決めていた、南阿波サンラインという国定公園内の地元ツーリングコース。
全国的にも有名なのでは・・。

各地のナンバープレートを見かけます。地元のコースなので、バイクに興味を持った中学生の頃から県外ナンバーのバイカーを見てきたので、いつか自分も・・と思いながら早30年。

ようやく夢をかなえる時が来ました。
ちょうど、実家に用事があったので、朝8:00に出発。さっさと用事を済ませて、南へ南へバイクを走らせます。
場所はここです。


大きな地図で見る
夏になると、ひそかなプライベートビーチならぬ、地元親睦海岸が点在する、自然が多く残った海岸線です。
シーズンになると、全国からサーファーが集まってきます。
このツーリングコースには4つの展望台があり、ここは一番大きな第一展望台です。土曜日なので、バイクは少ないですが、日曜や連休ともなると、マイカーやバイカーでごった返します。すいすい走りたいなら平日か土曜がおすすめです。
ちょっと曇り気味なので、あまりいい感じに見えませんが、晴天だと最高の気分に浸れます。
南阿波サンライン入り口から出口まで、約17kmで、ゆっくり走って30本から40分程度で走り抜けます。この間、ずっと海岸を眺めながら、潮の香りを感じながら、海のひんやりした風と、森林の暖かな風を交互に感じることができます。

他のバイカーとのコミュニケーションもね!

コースを走り抜けて、このまま南へひたすら走ると、四国最南端の室戸岬へ行きます。

でも今日はここまで。
日帰りなのでやはり無理はしません。明日もたのしいサンデーツーリングなんですから。
おなかが空いたので帰りに中華料理屋で昼食することに。
駐車場にフォーティーエイトを止めようとふと前を見ると、4輪バギーが置いてある。・・ムムッ。

ヘルメットを脱いでいると、店主らしい50代前半のリーゼント親父がこちらをチラチラ。

中に入って塩ラーメンとごはん(小)を堪能した後、再びバイクにまたがると、またまたあのリーゼント親父が裏口から出てきてニヤリ。

親父:「これ、ハーレーの新型なん?」と言い、私のフォーティーエイトを見ながらバギーにまたがる。
私:「そうそう。新型なんです。、このバギーもいいですね。ヘルメットいらないし♪」
親父:「そう!面白いよ。じゃ!お気をつけて!」
私「ありがと!ゴチそうさん!」

親父はノーヘルで、前掛けをしたままどこかへ去ってしまった。

なんか買い出しに行ったのかな?いや、2時を過ぎていたので、客が閑散時間の間に気晴らしに行ったに違いない・・
なんて、勝手に妄想しながら、帰路に就いた私でありました・・。
明日へ続く・・・。

2 件のコメント:

  1. はじめまして(^・^)
    鹿児島48乗りです。本当に楽しいバイクだと思いますo(^-^)

    返信削除
    返信
    1. こゆうきさん、はじめまして!
      鹿児島ですか!
      本当に48は楽しいですね♪
      いつかツーリングしましょう!
      見てくれてありがとうございます♪

      削除