2012年7月1日日曜日

ハーレー48(フォーティーエイト)バイクナビ取付(ZUMO660)

以前からツーリングで苦労していた、ハーレーの給油と、ツーリングルート探し。
私は気ままなツーリングが大好きなので、思いついたらあっちへちょこっ、こっちへちょこっと寄ったりするのが好きなんです。
だから、出発と同時にお天気の具合や、おなかのすき具合、山か海か、のんびり走るか目的地までまっしぐらか・・、走り出してから決めたりする場合も・・・。

なので、フォーティーエイトはタンク容量が少ないので、ガソリンスタンド探しが大変です。
60kmおきぐらいにマメに入れていれば、あまり心配することはないのですが、ハーレーが似合っている道って、結構交通量が少なくのんびり走れるところだったりしますよね。

大容量タンクのツーリングタイプなど、他のモデルに比べると、圧倒的にタンク容量が少ない!
7.9Lで、燃費20kmとして、満タン走行距離120kmぐらいで燃料補給ランプが点灯しちゃうんです。
私が初めて、この燃料補給ランプが点灯したときは、たまたま交通量の多いGSも1km置きぐらいにあるような場所だったのでよかったものの、高速や田舎道を使って数十キロも走るときは、うっかりしていると燃料切れになるかもしれないので、ヒヤヒヤしながら走っていました。

免許を取ってから、約4か月、今までは地図で確認したり、お店でガソリンスタンドの情報を聞いたりしてなんとか補給していましたが、田舎道で一人ぼっちだと、すごく不安になる・・・。

そこでバイクナビが欲しいなあと前々から思っていたのですが、先週のパンク事件をきっかけに、バイクナビ、ガーミンZUMO660を思い切って購入しました。

よく考えてみると、何かあったとき、集団で走っているときは仲間の誰かがなんとかしてくれそうだけど、一人の場合はすべて自己責任だし、自己解決が基本ですよね。

だから、ガス欠、パンク、ベルト切れ、など、不測の事態の場合、助けを呼ぶ際に今自分がどこにいるかを伝えなくてはいけないです。

大げさだけれど、プチ遭難ですね。日本だからそのうち誰かが通りかかって何とかしてくれる感もありますが、ここにいるよ!ってことを伝えないと助けようにも助けられない。
つまり、知らないところで住所を的確に言えますか?ってことですよね。

その点ナビはどこにいるか、住所がはっきり表示されますし、近くのガソリンスタンドの位置や、修理工場の位置までもはっきり表示されます。

最近は携帯にもそういう機能がついているので何とかなりそうですが、携帯も電池切れ、電波届かないなど、ありえない状況が重なりそうなとこに、バイカーって行きたがりますよね(笑)

実は既に取り付けて、本日淡路島南岸を走ってきました。

大分不安が減少したというか、最高に便利だなってことが分かりました。
自家用車に取り付けている方は多いと思いますが、バイク専用のガーミンZUMO6600は防水型、振動テスト済みなので素晴らしいです。

今日は雨が少々降っている中、約150kmほどツーリングしたのですが、心配していたハーレーの振動によるブラケット等の緩みも全くなく、超快適でした。

ガーミンZUMO660は確か、ヤマハ、ハーレー純正仕様だったと思いますが、これよりも少し安いユピテルのバイクナビと比較検討して購入しました。
その違いや、取付方法、使い勝手など、後日改めて詳しく紹介したいと思います!
本当は、ナビなんか必要としないで、全国にバイカー仲間がたくさんいて、みんなで気軽に助け合うのが理想なんですけどね(笑)
バイクは奥が深い!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ

2 件のコメント:

  1. これで何処までも遊びに行けますネ
     

     香川のも遊びに来てください。

    返信削除
    返信
    1. 爺ちゃんさん、こんばんは!

      そうなんです!何処までも遊びに行きたい!
      ドラえもんじゃないけど、
      どこでもドアを手に入れた感覚!

      香川は結構走りに行ってますよ~。
      実は、この日曜日は五色台に向かおうと予定してたんですが、
      雲行きが香川が怪しかったので、急遽淡路に変更した次第です(^^)

      来週は天気が良ければ、坂出~瀬戸大橋記念公園経由~五色台を狙っていますが、雨の予報です。

      どうなることやら(笑)

      削除