2013年11月9日土曜日

ハーレーフォーティーエイト 紅葉ツーリング 2013

だんだん寒くなってきましたが、まだまだ走れます。電熱なしでも。(^^)

ということで、早速紅葉ツーリングに行ってきました。

徳島は海、川、山の自然が多い県なので、この時期、どこに行っても紅葉がみられます。

平地ではまだ少し色づき始めた程度ですが、山間部はちょうど見ごろです。

私は、若いときからよく遊びに出かけていた、佐那河内村の大川原高原というところに行ってきました。
高級苺の「ももいちご」って食べたことありませんか?ここら辺で作られているんですよ。


まだ少し早い感じがしたのですが、寒波がきていて、低気圧も日曜日に押し寄せるらしいので、今日しかありません。山間部はこんな感じで色づいています。


地元でも知っている人は知っている穴場スポットで、こんな感じの道が標高1019mの頂上の高原まで、30分程度楽しむことができます。


ずっとこんな感じで、タイトなワインディングロードが続きます。


ちょっと休憩。



ネイチャーセンター、いきものふれあいの里は、主にアカマツの樹林にコナラなど落葉樹のまじった森の中にあり、いろいろな野鳥や昆虫などがいます。 ここは、多様な自然を利用した自然観察会や様々なレクリエーションの場として利用されています。
 また、自然に関する知識や技術を学んだり、自然を守り育てるための場となるようにセンターゾーンやスポットゾーン、それにキャンプ場があります。


2年前に家内とこの遊歩道を散歩しました。野鳥や昆虫、下にはせせらぎがあって、たくさんの生き物がみられます。
自然を愛する人の、オアシス的な場所です。


休憩の後、5分程度で頂上へ到着!奥にみえる白い柱はなんなんだ~~~??


風力発電!佐那河内村はほとんどの電気をこの風力発電でまかなっていると聞きました。
昔は、奥に見える数基の発電機の高原で牛の放牧も行っていましたが、今は見られません。

15年ぐらい前に子供が小さいころ、この頂上付近には、キャンプ場もあって、宿泊施設もありました。
キャンプをした後子供たちと一緒に1泊したこともありますが、現在はこの頂上にはありません。
時代の流れですね・・。


頂上からの眺めは最高。空気が澄んでいれば、淡路島だって見られます。今日はちょっとどんよりしていたのですが、それでも市内建物は見られました。


20年前に、いつかバイクで来よう・・。と思った夢がまたかなった瞬間です。


乗ってくるバイクが場違いのような気もしますが、気にしません(笑)


頂上には公共のトイレもあります。撮影するの忘れましたが、バイクの左側にログハウス風のトイレがあります。右奥は、ヒルトップハウスと呼ばれる建物で、口径50CMの反射望遠鏡が設置された施設があります。トイレ休憩して、山を下ります。


それにしても、自然というのは素晴らしい。
こんな中を愛車と一緒に走れるなんて、最高の贅沢です。
しかも渋滞なし。
スイスイ~っと少し肌寒い風が、頬を撫でるように流れていきます。

ははは・・。なんだか気分も詩人になったような夢心地です(笑)

このあと、山間部を1時間程度流してから帰路につきました。

3時間程度の短いプチツーリングでしたが、帰ってきて撮影した画像を眺めていると、

ああー!今からもう一回おかわり!

っていう気分になってしまいました。明日晴れないかなあ(笑)

↓クリックご協力お願いいたします~~。
更新の励みになりますので!!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿