2014年5月10日土曜日

ハーレー xl1200x ナンバープレート サイドマウント位置調整

今日はいい天気だったけど、連休でいろいろやり残したことがあったので、バイクをいじることにしました。

xl1200x ナンバープレート サイドマウント位置の調整です。


キジマのサイドマウントキット、ハンガータイプでサイドナンバー化したのですが、横向きにマウントしたため、どうも、左に出っ張り過ぎていて危ない感じ。

ハンドルバーよりはかろうじてはみ出していないので、違反にはなりませんが、走っていると、どうも感覚的にちょっと怖い気がしたので、もうちょっと内側に寄せたかったのです。

早速調整します。



使うのは電動ドリルと、面取りカッター、穴あけ用のきりφ3.5、φ6.0、これだけです。


ナンバープレートの取り付けボルトの位置に20mmずらしたところへ穴を開けなおして(赤い矢印)内側へ寄せます。


このプレートはアルミ製なので穴は開けやすいです。穴を開けるときは、ドリル先がすべるのを防ぐために開けたい位置にポンチなどをうつと失敗しにくいです。

2種類ドリルを用意した理由は、だんだん大きく穴を広げる方が、楽だからです。



穴が開いたら、面取りカッターで、テーパー穴を開けます。



取り付けボルトは6mmなので、テーバー最大径部分が12mmになればOKです。
 

ちなみに、キジマで購入したこのキットは十字穴付き皿ねじの頭の部分がツライチになりません。
6mmの貫通穴にテーパーを合わせたとすると、プレートの厚みが薄いためこのような加工になってしまったと思われます。


これはメーカーが悪いのではなく規格上そうなってしまうということでしょう。また、取付自体も特に問題はありません。

私はツライチがいいので、テーパーをもっと大きくしてみました。


こんな感じできれいにボルトが沈み込みます。
 

プレートの追加工完了です。

取り付けます。前回の位置は、タイヤから約50mmです。


今回加工したことで、約20mm内側へ寄りました。


写真で見るとあまり変わった感がありませんが、この20mmの差は結構大きいです。


ナンバープレートを取り付けて完成。


ん~やっぱかっこええ~~♪


早速、明日のツーリング先を妄想するのであった(笑)。

↓クリックご協力お願いいたします~~。
更新の励みになりますので!!

にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

4 件のコメント:

  1. 初めましてkenkenと申します
    ブログ拝見させて頂き、サイドナンバーにしたら
    穴を開けるつもりでした。
    注文して手元に来たサイドナンバーは既に20mm
    右に寄せる穴が開いてました^^;
    楽しみにしてたんですが穴あけの手間が省けました。

    メーカーさんがこのブログを見てたのかな?
    なんて思っちゃいました、また寄らせて頂きます

    返信削除
    返信
    1. kenkenさんはじめまして。

      なんですと~~!
      20mm右に寄せる穴があいている~?!
      買ったのはキジマさんでしょうか・・・
      もし見て真似してくれたんならうれしいですけど(笑)
      サイドナンバーにしてる方の危険度が少しでも減るかも。
      ご報告ありがとうございます。
      また寄ってくださ=い!

      削除
  2. はい キジマ製のサイドナンバーキットです
    ディーラーの整備士さんと話をして障害物さえ
    踏まなければ指1本でもなんて事で、さらに20mm
    右に移動して取り付けました。
    タイヤから15mmです

    穴あけは、ハマちゃんブログのお陰で準備万端でした^^

    返信削除
    返信
    1. タイヤから15mm!渋い!渋すぎる!
      縦付けがダメになっちゃったから、わかります~
      日本のナンバーももう少しコンパクトになればいいんですがね~。
      おかげだなんて照れくさいッス^^;v

      削除