2012年3月31日土曜日

ハーレーフォーティーエイト フレイム フットペグ 交換

こんにちは。
今日も相変わらず、休みのたびに雨が降っています。
仕方がないので、先日に購入済みのフレイムフットペグ交換をしました。

用意する工具:スナップリングプライヤー(DIYショップで1200円程度)

フォーティーエイトは、ハーレー純正のフットペグに交換出来ません。
なぜなら、フォワードコントロールだからです。ペグ取り付け部の形状が特殊だからです。

私の場合はミッドコントロールに変更してもらっていたので、純正のペグは取り付け可能です。

しかし、フォワードコントロールだから、純正フットペグが全く取付できないかというとしそうでもありません。他社メーカーからちゃんと取付できるキットが販売されているのでご安心を。

例えばキジマのステップホルダーです。

これをフォワードコントロール部分の純正部品と交換すれば、純正カタログ内のフットペグが取付できるようになります。




では早速交換と行きましょう!
純正フォワードコントロール部分につけられていたオフセットされたフットペグです。
ただでさえ低いのにオフセットしているのでもっと低くなり、コーナー進入時には、かなりの頻度でステップセンサー部をガリガリ・・・

右側も同じです。これを交換するのですが、冒頭で紹介したスナップリングプライヤーが必要です。車やバイク好きの方でも、ステップ(フットペグ)を交換する方は少ないのでは?あまり頻繁に使うものではないので、持っている方は少ないかも・・
これです。

メンテ好きな方は穴用と軸用が一体となったタイプを購入すれば便利です。ベアリング交換や、オイルシール周りなんかによく使われている止め輪を取り外したり取り付けたりする工具です。
具体的な使い方。
フットペグの取付部分に軸が通してありますが、ここを最後にスナップリングでとめてあります。
ここを先ほどの工具の先端を突っ込んで・・・


広げます・・・が、ここで注意!
あまり広げすぎると、スナップリングがバカになってしまいます。(弾力が戻らなくなる。)
もし、広げすぎても、ペンチなどを使って、ギュッと戻してやれば何とかなります。
最悪は、軸をDIYショップに持ち込んで、
「これに合うスナップリングください」
といえばOK.
ちょっと調べてないので、インチサイズかもしれませんが、ミリサイズしかなくても、なんとか合うサイズがあるものです。

もし、近くにDIYショップがなくても針金ぐらいは手に入るでしょう。針金を巻きつけて応急処置して、ディーラーに持ち込んでも何とかなります。
部品自体は数百円(原価はおそらく数十円)のものです。

取り外したら・・・

ピンを抜きます。
お好みのフットペグを装着して、元に戻せば完了。

反対側も同じ要領で・・完了!
取付完了!
実は、よく見ると分かると思いますが、スクリーミンイーグルスラッシュダウンマフラーも交換済みです。

マフラー交換も自分でやりました。初回点検までに一度ノーマルに戻すので、その時にでも交換方法をアップしたいと思います。

カスタムを自分でやりたい方、楽しみに待ってってくださいね!
今日はとても風が強く、東京の方でも、東京湾アクアラインが通行止めになったようで、こちらもすごい風でした。
明日は天気が良さそうなので、ちょっと遠出してみようと思います!

2 件のコメント:

  1. 参考になりました~!(^^)v

    私もしょっちゅうガリガリやってるから変えよかな。
    マフラーもいいですね~。音がお腹に響いてきますよ(笑)。

    ところで、中駐車場も完成間近ですか?また近況UP
    してください。楽しみにしてます。

    返信削除
    返信
    1. アニキ、どうもです~。

      参考になったようで良かったです!

      ガレージの方はあれから全く進んでいません(汗)
      カスタムの方に夢中になっちゃって(笑)
      梅雨時までにはなんとかしたいです。
      頑張ります~!

      削除