2018年8月1日水曜日

煽り運転をスピルバーグ監督が映画化していた!

最近やたらにニュースになっている煽り運転。
規制が始まってからも全然マシになっていないようです。
逆にひどくなっているとか。

私もハーレーでツーリングしていてあおり運転を食らったことが多々あります。
直前に切り込まれたり、クラクション鳴らされたり。
こちらはのんびり走りたいけれど、4輪は2輪を邪魔と思っているようで怖いです。

マスツーならそんな経験は少ないかもしれませんが、私はソロツーが多いので少し不安になります。ドライブレコーダーを買おうか悩んでいます。

あおり運転で思い出しましたが、私が好きな映画に「DUEL」という映画があります。

実は40年以上も前に、あのスピルバーグ監督があおり運転をテーマにしたDUELという映画で大ヒットし、これで有名になったのはあまり知られていません。
いわゆる出世作というやつです。

ストーリーはものすごくシンプルですが、広いアメリカでも日常をかけ離れているような状況でトラック運転手が、すごく普通の赤いセダンの乗用車をあおりまくるという、非常に印象深い映画です。
暴走トラックと普通のセダン乗りのおじさんがあおり運転をしながらバトルするのですが、最後に至るまでの展開が、まさに現代の日本の問題を表しているようで、今見てもすごく真剣味があり、引き込まれます。
どちらが悪いのかわかりませんでした。

まず冒頭のシーンを少しだけ見てください。



どうでしたか?

このあと、だんだんエスカレートして、最後は史上最悪のあおり運転の結末となります。

しかし、なにか考えさせられるような、現在の車社会の問題点を露呈していた先見性は見事だと思います。

全編見てみたい人はこちらから見られます。




↓クリックご協力お願いいたします~~。 更新の励みになりますので!!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

2018年7月3日火曜日

雨で乗れないときは、ハーレー映画で楽しむ。

関東地方は梅雨明けしたらしいけど、台風で天気がぐずついてますね。

こんなときは、ハーレーが登場する映画でも見て楽しみましょう。

前にWILD HOGSというジョン・トラボルタ主演の映画を紹介しました。

ハーレー おすすめ映画(1) wild hogs/団塊ボーイズ


今回はもっと渋いハーレーが出没する映画をまたまた紹介します。
クリント・イーストウッドのガントレットです。

ハーレーが登場するシーンがこちら。



ストーリーはアメリカ映画でよくある正義の味方のお話。
明快単純で、悪にまみれた汚職組織が犯罪を証明しようとする女性証人をクリント・イーストウッド扮するアウトロー警官がこの証人を守り抜くというストーリー。

ハーレーが出てくるシーンでは、スプリンガーフォークやチョッパー仕様のハーレーがたくさん出てきます。70年台の古き良きアメリカのファッションも参考になります。
帽子、サングラス革ジャン、Gジャンも様々で現代のはやりの先駆けとなったと思われるちょいワルの要素が垣間見れますよ。

途中クリント・イーストウッド扮する主人公「ショックリー」がハーレー軍団のリーダー格のオイルタンクを銃で撃ち抜くシーンがあったり、ハーレーを蹴飛ばして倒してしまったりしますが、最後は1台のチョッパーを言葉巧みに奪って、女性証人とタンデムで去っていきます。

このとき、女性証人があんたは凄い!的なことをいわれて、ショックリーは少しにやけ気味でバイクに跨りますが、このときのノーヘル、サングラスがまた渋い!
白いワイシャツとハーレーも意外と似合うんですねという感じです。

この映画に出てくる証人はサンドラ・ロックという小柄な白人女性。
この映画がきっかけで2人はプライベートで結婚しますが、いずれ離婚します。

ハーレーに乗るとき、この映画を見ていれば、少し気分が上がるかもしれませんよ(笑)
梅雨時で時間があれば是非ご覧になって下さい。
↓クリックご協力お願いいたします~~。 更新の励みになりますので!!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

2018年6月24日日曜日

今が買い時?!ハーレー購入が35%高くなる!?

欧州連合(EU)は22日、トランプ米政権によるEU製の鉄鋼やアルミニウムの輸入制限への対抗策として、ハーレーダビッドソンの二輪車など28億ユーロ(約3600億円)相当の米国製品に対し、25%の関税をかける報復措置を発動した。
引用(yomiurionline)より

2日前の読売新聞の記事ですが、トランプ政権の鉄鋼関係の輸入に対しEUが対抗措置を発動していますが、日本は??

今の所傍観しているみたい。いわゆる様子見ですかね。

もしこれがまかり通ると、世界的にも現在約150万円のフォーティーエイトは来年2019年輸入関税25%が上乗せされて単純計算で、25%の税金がかかり、187万超えになります。

輸入関税をEUと同じように対抗措置を取り、日本が掛けたとすれば、187万+メンテナンスパックで200万超えで、2019年10月移行に消費税が導入されると、35%の税金がかかり、270万前後になってしまいます。

もう、こうなってくると庶民が買えるバイクではありません。

ハイグレードモデルとなると、500万超えとなってしまいます。
会社社長ぐらいのレベルでないと買えない^^;
バイクですよ、バイク!

おそらく、政治的なすり合わせで、徐々に落ち着いてくると思いますが、不安を煽るのもいい加減にしてほしいです。

私は少なくとも古き良きアメリカのバイクに憧れて単純に乗りたいと思って買っただけなのに、これから購買したいと思っている人の意欲を削がないでほしいです。
ハーレーはVツインを貫いて存続しているのだから希少価値に近いメーカーだと思います。
メーカーさんやメーカーに勤めている人たち、職人さんも同じ考えだと思います。

もちろん日本人ですから、日本メーカーのバイクも大好きです。自動車メーカーも大打撃を受けている。
自動車も、バイクも庶民の生活を支える大切なものなのでは?

はたらく人、消費する人、の意見を無視した世界情勢は全くを持って遺憾ですね。
ミニマリストが増えているのがわかる気がします。

↓クリックご協力お願いいたします~~。 更新の励みになりますので!!
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村