2011年11月30日水曜日

大型自動二輪 卒検コース(2)

今日は、この教習所でも割と厳しめのM教官。
1時間目と2時間目担当。
教習内容でいうと、第2段階5,6時間目

厳しいといってもいい意味で厳しい。ダメなところを即刻ダメだししてくれるので、初心者にとってはうってつけの教官です。
私の初めての教習(バイク起こし)を受け持っていただいた方です。
バイクが好きで、生徒と ”うどんツーリング” にも行っているとのこと。
年齢は私よりも2、3歳上でしょう。

最初は、コース1の復習。
スタートしてください、の合図に答え、前回の内容を思い出しながら走ります。
この時間はひたすらコース練習。
4回程度注意を受けながらコースを回って1時間目終了。あっという間でした。

休憩時間をはさみ2時間目。

「コース2は覚えてきました?」と質問され、仕事が忙しくて全く教習所任せの私は。
「わかりません。」
教官:「わかりました。ではコースを教えるので、後をついてきてください。」


2週、ずっとついて回ったけど、途中のコースで混乱!
2週後、

教官:「覚えました?」
私:「途中で分からなくなったところがあります。」
教官:「OK、ではもう一周しますので覚えてください。」

3週後、だいたいわかったので、4回目以降は教官が後について走る。

コースを覚えるのが必至で、やっぱりコース1と同様にウィンカー操作やクラッチ操作がおろそかになってしまいます。

教官に注意されっぱなし。

それでも、前回うまくいかなかった、1本橋やスラロームのタイムが改善に向かっている。

好きはものの上手なれ。

前回よりも明らかに難しくなっているものの、前が見えてきた感がわいてきた。
少しだけだけど、バイクと仲良くなってきたようです。

今日の教習はこれにて終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿